腎臓病は食事で改善できるのです|美味しい食事療法

笑顔の女性

情報収集をしっかりと

男の人と女の人

病の進行を遅らせる

腎臓病を患ってしまった場合には、食事療法をしっかりと行わなければなりません。腎臓病患者にとっての食事療法の目的とは、腎不全に代表される腎臓病の進行を遅らせることに加えて、血圧が上がり過ぎないようしっかりコントロールすることによって、体調を維持することにあります。例えば、腎臓病の症状が深刻でも、透析治療を導入する前であれば、食事療法を行うことで、これを遅らせることも可能です。透析開始後でも、食事療法で体調を整えることで、透析治療に専念できますから、食事は、一つの治療と言っても過言ではありません。腎臓病患者の食事制限は、タンパク質と塩分の摂取を控えることが基本です。腎臓病の進行が進んでいる場合には、カリウムにも制限が加わります。

カロリーはしっかりと

腎臓病の食事制限は、先ほど述べたとおりですが、難しいのは、カロリーや他の栄養バランスはしっかり摂取しなければならない点です。カロリーは、糖質のごはんやパンでたくさん摂ればいいとお考えになる方もいらっしゃるでしょうか、そう簡単な話ではありません。コメや小麦には、意外とタンパク質が豊富に含まれているためです。主食となるごはんには、低タンパク米や、腎臓病の方向けのレトルト食品などで摂取すると良いでしょう。タンパク質が含まれない砂糖や、油、マヨネーズといった高カロリー食品を適度に摂取させるなど工夫が必要です。なお、タンパク質を抑えることは大切なポイントですが、身体を構成する大変重要な栄養素でもありますから、一定の摂取は必要です。肉や卵、魚などで、効率よく摂取すると良いでしょう。最後に、主治医や栄養士のアドバイス以外にも、本、インターネットの閲覧などで積極的に学べばコツも次第につかめてきます。なお、時間がなくてそこまでできないという場合には、宅配サービスの活用やレトルト食品の入手などで対応すると良いでしょう。

Copyright© 2016 腎臓病は食事で改善できるのです|美味しい食事療法 All Rights Reserved.